孤独と孤高の狭間で~男の自画像

40代の男。責任と孤独感ばかりが増える年代の、 仕事や家庭の中での出来事、世の中に対して言いたい 「独り言」。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

坂本龍馬暗殺~犯人は?

大河「龍馬伝」、ますます楽しくなってきている
この作品での龍馬暗殺の犯人、黒幕は誰だろう?
まずは
①新選組説
残された履物が新選組行きつけの料亭の物であったこと、
現場に残された刀の鞘が原田左之助の物だと、新選組から
分離した御陵衛士の伊東甲子太郎証言されたこと、また
中岡慎太郎らの証言から、刺客は襲撃時に
「こなくそっ!」と叫んでいること
(こなくそ…は伊予の国訛りで原田は伊予松前藩の出身)
など、あまりに出来すぎていないだろうか?
※後に、新選組 大石鍬次郎が龍馬暗殺の疑いで捕縛され、
拷問の末自らが龍馬を暗殺したと自白したが、後に撤回している

②京都見廻組説
箱館戦争で降伏し捕虜になった元見廻組隊士・今井信郎が、同見回組・
佐々木只三郎とその部下6人が坂本龍馬を殺害したと供述しており、
これが現在では定説になっている
しかし、供述と中岡慎太郎らの証言に食い違いが多い
例えば太刀の手数と斬り付けた箇所が全く違う、刺客の人数が
違うなど

③土佐藩説
龍馬は、幕府が薩長による武力討伐を避けるには幕府が天皇に政権を返上するしかないと
考え土佐藩・後藤象二郎に提案
後藤はそれを土佐藩主・山内容堂に説き、土佐藩から幕府へ建白するように働きかけた
このため後藤は土佐藩内でこの功績により150石の身分から1500石に大出世
さらに土佐藩参政という重要ポストに抜擢された
中岡の証言で、犯人は「こなくそ」とあるが、「こなくそ」とは伊予(四国・現愛媛県)
の方言で「この野郎」という意
上士の後藤と、郷士の龍馬を考えれば分からなくもないが、私が後藤なら龍馬を従え
もっと出世する道を選ぶと思う
そうすると、土佐藩説の場合黒幕は他にいるのでは?

④薩摩藩説
あくまで武力での倒幕を目指す薩摩にとって、平和路線でしかも慶喜を新政府に参加させ
ようとする龍馬は、薩摩・長州から見てすでに邪魔なだけの存在ではなかったか?
龍馬が襲われた際の「こなくそ」は、薩摩弁の「こげんくそ」の聞き間違いであったの
では?


諸説ある中で、私が一番怪しいと思うのは④の薩摩藩説だ
①、②はいずれも幕臣であり大政奉還でその身を救われた
徳川慶喜が、しかも新政府に慶喜を参加させようとしていた龍馬
暗殺を許すとは思えない
殺害場所に刀の鞘と下駄が置いてあり、これが新選組ゆかりのもの
である事も出き過ぎであろう
また当時薩摩藩にべったりだった高台寺党(元新選組・伊藤甲子太郎)
が、刀の鞘を左之助のだと証言しているのも、キナ臭い
そして、幕臣はもとより新政府の助命嘆願を無視しカタチで薩摩藩士
により近藤勇が斬首とされた事も繋がりが見える。
3は、大政奉還を成し遂げた土佐藩にとって龍馬は邪魔な存在となる
理由が薄く感じる

武力での倒幕なら長州藩も思いは一緒だったと思う
しかし、何より龍馬を襲った刺客の太刀筋が示現流の様に思えて
ならない

「龍馬伝」では、どう描かれるのか楽しみである
スポンサーサイト

テーマ:龍馬伝 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2010/05/21(金) 19:13:39|
  2. 歴史浪漫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<幼児虐待1~「Mother]を見て | ホーム | 競馬とロト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mephisto.blog23.fc2.com/tb.php/70-abb34eec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

メフィスト

Author:メフィスト
ちょっと頑固な親父の奇弁・熱弁と悲しい愚痴。
お酒や肴の話や、わずかな趣味、そして女性の話も少し…。
個人の胸の内を日記風に書きます。
個人の意見です。敬称略、毒舌もご了承ください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。