FC2ブログ

孤独と孤高の狭間で~男の自画像

40代の男。責任と孤独感ばかりが増える年代の、 仕事や家庭の中での出来事、世の中に対して言いたい 「独り言」。

迷惑な隣人

小泉首相の靖国参拝で、また各メディアが放送合戦。
ほとんどメディアには左翼しかいないのか?という
疑惑を抑えきれない程のバッシング。
確かに私達、靖国肯定派から見てもあの参拝は戴けない。
神道は二礼二拍一礼をもって、参拝すべし。
神社や仏閣にてその仕来たりを守らない日本国首相
の出鱈目さにはウンザリする。
ここで、左翼の方々、またはグローバルな視点から
という全体主義の方々にも考えて欲しい。
タイトルの迷惑な隣人とは中国の事だ。
中国はウイグルやチベット、台湾などの国を大量虐殺
の上侵略し、今尚統治し続けている。
こんな国が、日本に対し補償を求めている国だ。
しかも、南京事件とは日本人商家に中国人が押し入り
妊婦の腹を裂いて胎児を引きずり出して叩きつけたり、
掌の真ん中に穴を開けられた日本人数名を針金で通し、
火をつけたりと、ありとあらゆる惨殺をした事件だ。
これに対し、何とか日本人の方が酷い事をしたと思わせ
為、ありもしない南京虐殺を仕立て上げた。
現在、その時の犠牲者は35~40万まで増え続けている
が、実際の届出件数では20数件50人弱の死者が出た。
この虐殺の写真は中国がでっちあげた写真ばかりで、
処刑されている人の後ろに移っている中国人が、次の
写真では日本人して殺される役をやっているという
あの国お得意のパチモノである。
その南京事件の前には通州事件があり、日本人が多数
殺されている。
また、ゲリラもこの国のお家芸で、日本兵に寄ってくる
美人中国人一団が、そばに来るといきなり銃を乱射し、
日本軍師団が全滅に近い状態になった事もある。
現在のイラクと同じ状態だ。その他にも農民に成りすまし
すれ違いざまに銃を撃ってくる者。子どもにやらせる者…。
これが中国の言う「女・子どもまで惨殺された」理由だ。
あなたが兵士なら、相手が女・子どもであれば黙って殺され
てあげますか?
そして、戦後敗戦国として裁かれるという異例の事態が
起きた。と言うのは戦争は政治手段であるから、戦犯と
して裁かれていい人間はいないのである。
だから靖国にも戦犯は存在しない。
原爆を投下したトルーマン大統領やエノラゲイ、ボックス
カーのパイロットも戦犯とは呼ばれていない。
「戦犯」とは戦争犯罪人である。今の日本で使われている
「戦犯」とは“勝利を逃した責任がある者”という意味だ。
戦争犯罪人とは国際法のルールを破った戦争をした者である。
国際法のルールを破ったものはアメリカであり、中国だ。
存在しない戦犯に祈りを捧げたとして、中国を始めとする
国は賠償を求めたがる。
それがなくても、過去に公式に35回以上の侘びと6兆円
を超える賠償(抗日記念館などの費用)をし、ODAとして
毎年払い続けている金は、他国に利子つきで貸し出され、
毎年隊日本戦争勝利のお祝いを盛大に致すあの国に、なぜ
文句を言われる筋合いがあろうか?
これまで、あの国に注ぎ込んできた金は我々の血税である。
まだ払い足りないのか?払いたいのか?
勇敢に戦い、命を落としていった方々。日本敗戦と知って
自分が生き続ければ必ず、日本に不利益な行動に出ると
思い自決した方々。全てが後の日本人の為に命を賭けたの
に、その日本人に「戦犯扱い」されたら、あなただったら
どう思いますか?
戦後教育という名の「戦争犯罪認識システム」に洗脳されて
いる。
もしくは市民主義、全体主義と名を変えた共産主義の教えの
賜物。
税金が上がっても中・韓・朝に金を払えれば満足か?
私は耐えられない。
ありもしない捏造された歴史を、世界中から強いられた日本。
同じことが今、イラクで始まった。


追伸
靖国問題を一番報道し続けているチョンイル(朝○)グループ、
日本に戦争をけしかけたのも、自分達であると、報○ステーション
で認めろ!キムジョン○ル様と叫べ、古○!(新日のアナ時代は
大好きでした)

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

  1. 2005/10/21(金) 21:05:24|
  2. 月明星稀
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

プロフィール

メフィスト

Author:メフィスト
ちょっと頑固な親父の奇弁・熱弁と悲しい愚痴。
お酒や肴の話や、わずかな趣味、そして女性の話も少し…。
個人の胸の内を日記風に書きます。
個人の意見です。敬称略、毒舌もご了承ください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター

カレンダー

09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する